愛犬のスイーツショップ
ドッグリゾート

【犬同伴OK】小谷流の里 ドギーズアイランドに宿泊しました

ドギーズアイランド
momo0825
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

小谷流の里 ドギーズアイランドに、愛犬モモと宿泊しました。
客室内やお食事、ペットの宿泊料金、ペット用アメニティグッズ、ドッグメニューの有無など、写真と共に詳しく解説していきます。

小谷流の里 ドギーズアイランドはどんなところ?

ドギーズアイランド

小谷流の里 ドギーズアイランドは、総敷地面積約280万m²の愛犬と楽しむサンクチュアリ・リゾートです。
ドッグランはもちろん、ドッグプールやじゃぶじゃぶ池など、ワンちゃんと一緒に楽しめるスポットがいっぱい

レストランやカフェも併設されており、一部の店舗を除いてワンちゃんと一緒に店内でお食事を楽しむことも可能です。
すべてが愛犬ファーストのホテルなので、お留守番ができないワンちゃんや、初めて旅行に行くワンちゃんにもおすすめです。

最終宿泊日:2021.11.13〜11.14

ドギーズアイランドは、私たちも愛犬・モモもお気に入りのホテルで、2回宿泊しています。
いずれも車で伺いましたが、ホテル直通の小谷流の里バスは当面の間運休中とのこと。

電車で向かう場合は八街駅からタクシーで行くか、本数は少ないですが八街市ふれあいバスがあります。
ホテルまで30分かかりますが、大人200円、小中学生100円で乗車可能です。
ドギーズアイランドに停車する西コースの時刻表はこちら
ふれあいバスのホームページを見てもペットの乗車について記載がないのですが、ドギーズアイランドに停車すること、そもそもドギーズアイランドの公式サイトにアクセス方法として記載されていることから、ペットOKなのでしょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ワンちゃんと一緒にご乗車の際は、顔までしっかり隠れるペットキャリーに入れて、周囲の方々の迷惑にならないよう気をつけましょう。

アクセス・SNS

千葉県八街市小谷流624
JR総武線「八街駅」タクシー15分
東関東自動車道佐倉ICより15分

合わせて読みたい
愛犬旅行持ち物チェックリスト!犬との旅行に必要な物を確認しよう
愛犬旅行持ち物チェックリスト!犬との旅行に必要な物を確認しよう

予約方法

小谷流の里 ドギーズアイランドは、以下のサイトで予約することができます。

ドギーズアイランド

チェックイン後、ウェルカムドリンクチケットを宿泊者人数分頂くことができました。
本館の宿泊者専用ラウンジで利用できます。

ドギーズアイランド
自家製はちみつジンジャーレモンソーダ

客室のキーを頂けるのはチェックイン時間を過ぎてからですが、先に受付を済ませればラウンジで休憩したり、ドッグランを利用することができるので、せっかくなら午前中から目一杯遊ぶのがおすすめ。
本館には宿泊者専用プールもあったので、飼い主も泳げるなら水着持って来ればよかった〜!と後悔しました(笑)

小谷流の里 ドギーズアイランドのペット同伴について

ドギーズアイランド
自家製はちみつジンジャーレモンソーダ

小谷流の里 ドギーズアイランドは、すべての客室でペットと一緒に宿泊できます。

ペットの宿泊料金は?

ペットの宿泊料金は、1頭目は無料です。
2頭目からは小型犬2,200円、中型犬2,750円、大型犬3,300円が加算されます。

ペットと一緒に泊まれる客室は?

現在、ドギーズアイランドには以下の5つのホテル(棟)があります。

  • 本館
  • ヴィラファースト/セカンド
  • フォレストステージ
  • ウォーターフォール
  • グランピング・ヴィラ

グランピング・ヴィラは建設中の新しい棟で、2022年12月より一部の客室のみソフトオープンしています。

ペット用アメニティグッズは?

ドギーズアイランド

ドギーズアイランドのペット用アメニティは以下の通りです。

  • ケージ
  • クッション
  • 食器
  • トイレ
  • トイレシート
  • マナー袋
  • タオル、
  • 粘着シート
  • 消臭剤
  • お散歩バッグ
  • ランタン

愛犬ファーストのホテルなので、手ぶらで来ても大丈夫なほどペット用アメニティグッズは充実しています。

ドギーズアイランド

もしなにか忘れてしまっても、ドギーズアイランド内にセレクトショップがあるので安心。
なんならそこらのペットショップより品揃えも豊富です。

【ウォーターフォール】の客室をご紹介します

ドギーズアイランド

今回私たちが宿泊したのは【ウォーターフォール】という3階建ての棟です。

各ホテル棟の入口には、ワンちゃんの足洗い場とマナーボックスも設置されています。

ドギーズアイランド

ウォーターフォールには【ラグジュアリー】と【スタンダード】の客室タイプがあり、両方宿泊したことがあるので順番にご紹介します。

スタンダード

ドギーズアイランド

まずは【スタンダード】のリビング。
ソファーの後ろから撮ってしまったのでなんだか少し狭く感じてしまいますが、実際は写真で見るよりもっと広いです。
テレビは小さめですが、ソファーは3人+1匹でも充分座れる広さです。

メインの寝室にはベッドが2つ。
リビングより寝室の方が広く見える気もします(笑)

ドギーズアイランド

もう1つの寝室にはダブルベッド。
こちらは本当にベッドだけがドーン!とある感じ。

ドギーズアイランド

エアコンも付いてるし、完全に部屋が分かれているので2世帯での旅行にもおすすめです。

リビングからテラスが繋がっていて、休憩できるスペースも。
ゆりかごみたいなやつは揺れると楽しいですが、けっこうギシギシ音がしました(笑)

ドギーズアイランド

洗面所には飼い主さん用のアメニティも通常のホテルと変わらず一通りのものが揃っています。

ドギーズアイランド

洗面所の右がインバス、温泉ではありませんが、左にはジャグジーがあります。
ジャグジーは洗い場がないので、インバスで髪や身体を洗ってからビショビショのままジャグジーに移動するしかありませんが(笑)とても気持ちよかったです。

ドギーズアイランド

写真を撮るときに外してしまったのですが、ちゃんとお風呂の蓋もついてます。
外なので虫取り網も置いてありました、蓋外したまま放置してたら、翌朝虫がたくさん入っていました(笑)

ラグジュアリー

ドギーズアイランド

【ラグジュアリー】はスイートルームです。
【スタンダード】よりリビングが広く、ダイニングにはバーカウンターが設置されています。

ドギーズアイランド

と言っても冷蔵庫の中にアルコールやソフトドリンクの無料提供があるわけでもなかったので、特に必要性は感じませんでした(笑)

2ベッドルームなのもスタンダードタイプと変わらず。
違いは全体的な部屋の広さだけのようです。

ドギーズアイランド

2つ目のベッドルームも確かに広かった。

ドギーズアイランド

スイートルームだからと言ってなにか特別なアメニティやサービスがあるわけではなかったので、小型犬なら【スタンダード】で客室の広さは充分でした。

小谷流の里ドギーズアイランドのお食事

ドギーズアイランド内には現在、以下のレストランやカフェがあります。

  • ザ フォレストテラス
  • 昔ながらの洋食 蜩の里
  • 長崎風ちゃんぽん 小谷流軒 ※ペットはテラス席のみ
  • 小谷流ベーカリー&カフェ ※ペットはテラス席のみ
  • ピッツェリア・ダ・ヴェルデ
  • プールサイドカフェ
  • 小谷流ジェラートカフェ
  • レイクサイドカフェ

ほぼすべてのお店が店内ペット同伴OKなので、敢えて夕食なしプランにしてその日の気分でお店を選ぶのもいいし、ピザをテイクアウトして客室でゆっくりするのもいいですね。

ドッグメニューはある?

ドギーズアイランドのメインダイニング【ザ フォレストテラス】で、ドッグメニューやワンちゃん用のビュッフェを頂くことができます。

かなり長くなってしまうため、記事を分けましたので、こちらの記事をご覧くださいね。

合わせて読みたい
【店内犬OK】ドギーズアイランド「ザ フォレストテラス」に行ってきました
【店内犬OK】ドギーズアイランド「ザ フォレストテラス」に行ってきました

夕食

私たちは【ザ フォレストテラス】で頂ける夕食付きプランを予約しました。
モモの2才のお誕生日にワンちゃん用ディナープレートとワンちゃん用ケーキを頂いたので、愛犬のお誕生日旅行の参考にしてみてくださいね

合わせて読みたい
【店内犬OK】ドギーズアイランド「ザ フォレストテラス」に行ってきました
【店内犬OK】ドギーズアイランド「ザ フォレストテラス」に行ってきました

朝食

ドギーズアイランド

朝食付きプランの場合、メインダイニング【ザ フォレストテラス】でのビュッフェがついています。

朝食なしプランの方はドギーズアイランド内にある【小谷流ベーカリー&カフェ】の利用がおすすめ。
ベーカリーは8時から、カフェは9時から営業していますがワンちゃんはテラス席のみなので、テイクアウトがいいかもしれません。

ドギーズアイランド
わんちゃんパン – 216yen

ワンちゃんと一緒に食べられる「わんちゃんパン」など、可愛くて美味しいパンがいっぱい。
ワンちゃん連れでない一般のお客様にも人気のベーカリーです。

小谷流の里 ドギーズアイランドの館内施設

小谷流の里 ドギーズアイランドの館内施設をご紹介します。

ドッグラン

ドギーズアイランド

ドギーズアイランドは、総面積約7,000m²の広々とした総天然芝のドッグランがあります。
小型犬専用、中〜大型犬専用、全犬種用、貸切用などそれぞれ分かれているので、小さなワンちゃんでも安心して遊ぶことができます。

休憩スペースもあるので、走り回る愛犬の姿を眺めながら飼い主さんはひと休み。

ドギーズアイランド

屋根つきエリアやタープエリアもあるので、一部天候に左右されず利用することができます。

小型犬専用、中~大型犬専用ドッグランは、ナイトドッグランも開催しており、夜間照明に加えカラフルなイルミネーショが点灯されます。

ドギーズアイランド

写真じゃ分かりづらいですね…21時まで利用できるので、運動が大好きなワンちゃんは1日中楽しむことができます。

じゃぶじゃぶ池

ドギーズアイランド

プールやじゃぶじゃぶ池は、すべて天然の湧き水を利用しています。
じゃぶじゃぶ池もドッグラン同様、小型犬専用、中〜大型犬専用、全犬種用、宿泊者専用などそれぞれ分かれているので安心。

小さいワンちゃんや怖がりなワンちゃんは、足をつけて遊ぶだけでも夏は冷たくて気持ち良いかもしれません。

ドギーズアイランド

モモちゃんも初めて犬かきにチャレンジしてみましたが、水は得意じゃないみたい(笑)

それでも随分走り回っていたので、少しは楽しめたかしらね…?
ドギーズアイランド内はどの敷地もとてつもなく広いので、愛犬から目を離さないよう注意しましょう。

四季の花径

ドギーズアイランド

ドギーズアイランドには【四季の花径】という1,2kmのお散歩コースがあります。
ビジター利用は300円かかりますが、宿泊者は無料でお散歩することができます。
今後さらにロングコースもオープン予定とのこと。

ドギーズアイランド

ゴールの200m手前にある【レイクサイドカフェ】では、夕食後のお散歩タイムに無料でコーヒーを提供(セルフサービス)してくださるそう。
提供は18〜21時限定なので、ご注意くださいね。
私は知らなかったので朝食後にお散歩しましが、まだ開店時間前でした(笑)

小谷流の里 ドギーズアイランドの宿泊レポートまとめ

ドギーズアイランド

以上、小谷流の里 ドギーズアイランドのペット同伴宿泊レポートでした!
いかがでしたでしょうか?

愛犬ファーストなホテルに宿泊したのは初めてだったので、最高でした
モモちゃんも走ったり泳いだり、初めての経験ばかりでとても刺激的な時間を過ごすことができたと思います。
遊ぶのが大好きなワンちゃんや、運動不足のワンちゃんにもおすすめのホテルです。
日帰り利用も人気ですが、1泊してもすべての施設を周り切れないぐらい広いので、何度でも泊まりに行きたくなるホテルです。

みぃ
みぃ

ありがとうございました

こんな記事も読まれています!

RECOMMEND

記事URLをコピーしました